コパイバマリマリとは

アマゾンで最高の薬用植物コパイバ

南米ブラジルのアマゾンは植物種の宝庫といわれ、現在発見されているだけで約44,800種類の植物が濃密な熱帯のジャングルを形成しています。その中には、様々な薬効のある薬用植物が含まれており、伝統的に用いられているものだけでも8,000種類に上っています。
それらの薬用植物の中でも最高の薬効を持つ植物として、古くからインディオが伝承し、生活に取り入れていた植物がコパイバ マリマリです。


コパイバの中でも最上級のコパイバ マリマリ

コパイバ(copaiba)は南米ブラジル北西部のジャングル地帯、特にアマゾン川流域に自生するマメ科の樹木です。成長すれば30〜40mの高さに達し、5弁または6弁の小さな花を咲かせます。このコパイバの樹の幹にらせん状のキリで穴を開けて採取されたオレオレジン(樹液)がコパイバオイルと称されます。
コパイバの樹には少なくとも10種類以上の種類があり、6弁の白い花を咲かせるものが一般的ですが、5弁の赤紫の花を付けるマリマリ種がもっとも上質とされ、サラサラと透明に輝くことから「光の秘薬」と呼ばれています。


1万5000年のインディオの生命の英知

この聖なる樹液コパイバ マリマリをインディオたちは古来あらゆる生活の中に取り入れてきました。
今もなお奥深いジャングルで暮らすインディオたちは、遠い祖先が氷河期にベーリング海峡を超え、この熱帯の地に子孫を残し始めた1万5000年前から、万能薬として尊重し伝承してきたと伝えられています。
出産時へその緒の切り口にコパイバを塗って化膿を防ぐことから始まり、傷ついた戦士はコパイバを塗り傷口を癒しました。そして、人生の旅立ちにもコパイバで体を清浄にしました。 生まれてから人生最期のときまで、インディオの暮らしはコパイバ・マリマリとともにあるといっても過言ではありません。もちろん、日常的に傷・皮膚炎・腫れ・ヤケドなどの外用として、また内用としても気管支・喀痰、利尿剤、腸内ガスの排出・下剤・腹痛などに用いてきました。


現代医学も40種類を超える薬効成分を確認

コパイバは、17世紀に欧州に紹介されて注目を浴び、伝統医薬としてさまざまな治療に活用されるようになりました。こうして広く知れ渡ったコパイバは、各国の専門家によって調査研究が行われました。認められた薬効は多岐にわたり、含有が確認された植物性化学物質は40種(下記参照)を超え、それぞれが特定の薬効を発揮しているものと考えられています。

*コパイバに含まれる植物性化学物質
(-)-16βeta-kaura-19-carbonic-acid,(-)-kaur-16-en-19-carbonic-acid,7-dydroxyhardwickic-acid,Allomadendrene,alpha-bergamotene,Alpha-cubebene,Alpha-multijugenol,Aloha-selinene,Ar-curcumene,βeta-bisabolene,eta-cubebene,βeta-elemene,βeta-farnesene,βeta-humulene,βeta-metacopaibic-acid,βeta-muurolene,βeta-selinene,Calamenene,Calamesene,Carioazulene,Caryophyllene,Caryophyllene-oxide,Copaiferic-acid,Copaene,Copaiferolic-acid,Copalic-acid,Cyperene,Delta-cadinene,Delta-elemene,Enantio-agathic-acid,Eperu-8(20)-en-15,18-dioic-acid,Gamma-cadinene,Gamma-elemene,Gamma-humulene,Hardwickic-acid,Homoparacopaibic-acid,(-)Kolavenol,Illurinic-acid,Maracaibobalsam,Paracopaibic-acid,Polyalthic-acid,Trans-alpha-bergamotene
*1つの植物において、これだけ多くの薬効成分があることはとても稀なことです。
主成分はコパイピコ酸、ハイドロカーボナイト、多種のセスルキチルペンからなり、人体による吸収排泄は肺、肝臓、皮脂腺、汗腺などで行われ、それらの部分で殺菌剤としての効果を示す一方、上皮細胞の活性化、粘膜機能の回復、傷口の癒着、分泌の正常化を促進するといわれています。

パイバの論文

近年では東京医科歯科大学の研究で「コラヴェノール」と呼ばれる化合物に強力な抗腫瘍作用があることが確認され、癌腫(マウスの子宮癌由来のIMCカルシノーマ)に対する延命効果を調べるため、マウスに連続投与(41ミリグラム・4日間)した結果、98パーセントという高い延命効果があることが確認されました。

〔発表−環太平洋国際化学会議・ホノルル〕

胃潰瘍については、潰瘍誘発物質である「エタノール、インドメサシン、低温拘束ストレスによって引き起こされる病変に対するコパイバの機能が研究され、経口投与した結果ではエタノールと拘束ストレスによってできる胃壁の損傷に対する防御効果が、投与量に応じて強力に発揮され、インドメサシンにより誘発される潰瘍形成も防御された。

〔発表-Paiva,LA.et al.,〕

抗腫瘍、抗炎症、抗菌、収斂、瘢痕形成、利尿、皮膚軟化、排痰、外傷治癒など薬効は多岐にわたり確認されています。