商品へのこだわり

最上質の「コパイバ マリマリ」をお届けします

アマゾンの熱帯雨林に自生するコパイバにはいろいろな種類があり、通常コパイバというと6弁の白い花を咲かせる種が大半ですが、5弁の赤紫の花を付けるマリマリ種の樹液は、「インディオの聖木樹液」とよばれ、もっとも上質な樹液として知られています。中でも特に、新月の日だけに採取されたものが最上級とされています。当ショップがお届けするコパイバオイルは、そのもっとも最上質の透明に光り輝くサラサラ状の「コパイバ マリマリ」だけを厳選してお届けしています。


採取人組合から直接購入できる唯一の輸入元

古来よりインディオから「聖木樹液」と呼ばれる貴重な種「コパイバ マリマリ」を、危険なジャングルから見つけ出すことができたのは、かつては、原住民の祈祷師であり、医者でもあったシャーマンだけでした。
近年になり、アマゾンのジャングル地帯でゴムの採取が始まると、ゴムの採取人がジャングルの奥へ奥へと入るようになり、マリマリ種を見つけては地図に残し、子孫に受け継ぐようになってきました。おかげで、シャーマンでなくても、マリマリ種の樹の場所がわかり、毎年その場所に行けばきちんと採取できるようになったのです。
しかしマリマリはアマゾンのジャングルの奥深くに自生するため、現地のゴム採取人がいる採取組合しか所在を知られていません。当社は、フェアトレードを通じて深い森に住む人々の生活を支援する活動を行うことで、現地の採取組合から直接オイルを購入することのできる日本唯一の輸入発売元です。


伝統的な採取法を守ったオイルだけを使用

コパイバの採取は年初めの新月の日(現在ではリオのカーニバルが行われる頃)にシャーマンによって宗教的な儀式が執り行われた後、樹1本あたりから1リットルほどの量が採取されます。
コパイバ樹木を伐採すればもっと多くの樹液が得られるのですが、何百年も生き続けて、貴重な万能薬を森の自然から提供してもらえるよう、1本の樹から一度に一定量を越えないように配慮して採取が行われたのです。
ところが近年、コパイバのオイルを取ることだけを目的に、ジャングルの樹を伐採してしまう事業者が出てきて問題となっています。このような伐採はジャングルの生態系を破壊してしまいます。
アマゾンのジャングルを守るためにフェアトレードに取り組んでいる我々当ショップで扱うコパイバを始めとするアマゾンの植物たちは、IBAMA(ブラジル再生可能天然資源・環境省)によって認定を受けた採取者・採取組合の人達でアマゾンの環境を守る伝統的な採取ルールを守って採取したものだけに限定しています。


100%天然ピュアバージンオイルだけをお届けしています

当ショップがお届けするコパイバオイルは、アマゾン最源流部に自生するコパイバ マリマリから採取した天然樹液です。
それは昔からインディオが「飲む・塗る」万能薬にしていたように、今でも可能な100%天然ピュアバージンオイルです。
他店で扱われている商品とは、全く違う種・質ですので他店でコパイバを購入の際はご注意ください。

宣 言 書

我々はこのコパイバ・オイルが採取された背景にはIBAMA(ブラジル再生可能天然資源・環境省)によって確立された生態学的な基準内に達しているものと宣言します。
そしてまた、環境を害することない採取にてコパイバ・オイルが抽出されていることを宣言します。


信頼できるメーカーや大学との連携

こうした安全・安心な商品を提供するために、当ショップは信頼できるメーカーや大学などの研究機関と連携しています。
採取者・採取人組合から買い付けたコパイバの一部は、定期的に森林の調査や研究のためにアマゾナス州大学コパイバ研究室に送られます。また同州の民放で健康相談の番組を持っておられるエバンドロ博士とも提携しています。
当社の顧問を務めるエバンドロ博士は、アマゾンの森と植物研究の権威です。博士はブラジル製薬アカデミー理事を努める一方、教育番組のコメンテーター出演や多数の著書を出版するなど、コパイバをはじめとするアマゾン薬用植物の有効活用を長年にわたって啓蒙されています。この功績が高く評価されて2000年にブラジル大統領からメダルも授与されました。このエバンドロ博士の協力のもと、日本人のための肌トラブル解消クリームなどを開発製造し、他にもいろいろな薬用植物をつかって研究開発をすすめています。
もちろんアマゾンの薬用植物オイルなどそのまま輸入し、日本国内の信頼できる化粧品製造工場や食品加工工場を厳選して製造委託し、はみがきやシャンプー、健康食品などに加工しています。