コパイバ バスオイル

販売価格: 10,800円(税込)
フェアトレード商品 詳しくはこちら
当社の商品はジャングルを守るフェアトレード商品です!

アマゾン薬用植物の天然オイルをブレンドしたスキンケアバスオイルが毎日の入浴で荒れた肌を整え、肌を健やかに守りますマッサージオイルとしてもどうぞ

アトピー肌、乾燥肌、敏感肌の痒みは、肌バリアが弱くなっていることが原因です。「コパイバ バスオイル」は、アマゾン薬用植物の天然オイルだけをブレンドした入浴用のスキンケアオイルです。お肌を清浄にし、整えるコパイバオイルと、保湿効果の高いクプアスバターがお風呂上がりの肌を健やかに守ります。 また、アンジェローバオイルが天然のマッサージ効果を発揮し、バラの香りのローズウッドオイルが、コパイバの香りと心地よい香りのハーモニーを奏で、入浴タイムをいっそう豊かにしてくれます。

内容量: 500ml(1回16ml 31回分)
原材料: コパイバマリマリオイル・ホホバオイル・オリーブオイル・クプアスバター・アンジェローバオイル・ローズウッドなど
製造: ブラジル・アマゾニア

肌の痒みは肌バリアの低下が原因

アトピー肌や乾燥肌あるいは敏感肌で、肌の痒みに悩まされている人が増えています。これらトラブル肌の痒みには、実は共通の原因があるのです。それは、皮脂膜や角質層の細胞間脂質など肌を守る働きをする肌バリアが少なくなっていること。皮脂膜や細胞間脂質は、肌をしっかりガードして、水分の蒸発を防ぐことで肌の潤いを保ったり、ダニやほこり、細菌などの侵入を防いだりする働きがあります。ところが、これらの肌バリアが弱まってしまうと、肌の水分が蒸発して乾燥しやすくなり、皮膚の組織が弱くなって、ダニやほこり、細菌などが侵入しやすい状態になります。これが痒みを引き起こす原因です。痒みをがまんできずに掻いてしまうと角質が傷つくことで、角質の水分が蒸発して、さらに乾燥と皮膚組織のダメージが進むという悪循環を起こしてしまいます。


肌を乾燥させる原因になる入浴

一日の疲れをとり、体を清潔に保つために入浴は欠かせません。ゆっくりと湯船につかることで血行が促進され、疲労物質の代謝が促されたり、浮力によって心身がリラックスしたりと、さまざまな効果があります。ところがお風呂上りに、肌が突っ張ったり、敏感な状態になったりしていることに気づくことはありませんか。実は、入浴そのものが肌を乾燥させる原因のひとつとなるのです。湯船につかると、肌の表面の角質層が膨潤するため、内側からうるおい成分が溶け出しやすくなります。また入浴中に、せっけんやボディソープで肌を洗うと、肌を保護する役割を持つ皮脂やうるおい成分まで洗い流してしまうことになります。入浴中や入浴直後は、肌の内側に水分が浸透しているため、肌は一見うるおっているように感じられますが、問題はお風呂上がり。入浴中に肌の内側に浸透していた水分が蒸発しいくと、肌は急速にカサカサの状態に乾いてしまうのです。アトピー肌や乾燥肌あるいは敏感肌の方は、それでなくても皮脂が少なくなっているところに、入浴中に皮脂やうるおい成分が奪われますので、お風呂上がりの肌は、一般の方以上に乾燥した状態になってしまいます。


肌のうるおいを保つスキンケアタイプの入浴剤

では入浴時に、お肌が乾燥するのを防ぐには、どうすればいいのでしょうか。ポイントのひとつは、スキンケアタイプの入浴剤を使うこと。入浴時は、肌の表面が膨潤して、内側のうるおいが溶け出しやすい反面、うるおいを取り込みやすい状態にあるともいえます。この性質を利用して、バスタイムをスキンケアタイムに変えてしまうのです。スキンケアタイプの入浴剤なら、保湿成分が肌の内側まで浸透し、うるおいを補います。手が届かない背中など、全身をくまなく保湿することができます。なお、熱いお湯は、皮膚を乾燥させ、肌の老化を早めやすいため、38〜40℃のぬるめのお湯をおすすめします。また、スキンケアタイプの入浴剤を使ったら、あがり湯をかけず、そのままあがることをおすすめします。保湿成分が肌をベールのように覆うため、しっとりすべすべ感が長続きします。


荒れた肌を整え、肌を健やかに守る入浴剤

「コパイバ バスオイル」は、コパイバオイル、アンジェローバオイル、クプアスバターなどアマゾン薬用植物の天然オイルだけをブレンドした入浴用のスキンケアオイルです。高品質なコパイバマリマリ・オイルを惜しげもなく30%以上も配合。コパイバオイルはお肌を清浄にし、整える作用があります。もうひとつの主成分であるアンジェローバオイルは、天然のマッサージ効果を発揮します。入浴中に肌から奪われた皮脂やうるおい成分を、保湿力バツグンのクプアスバターなどの成分が補いますので、お風呂から上がった後も、肌の乾燥を防ぎ、しっとり艶やかなお肌にするだけではなく、肌を健やかに守る働きをしてくれます。また、森の女王と呼ばれるバラの香りのローズウッドオイルが、コパイバの香りと心地よい香りのハーモニーを奏で、一日の疲れを癒し、入浴タイムをさらに豊かにしてくれます。


市販の入浴剤にご注意!

市販されている入浴剤は、価格は安いのですが、大半は化学薬品を配合しただけのものです。肌荒れしやすい方が使用されると、肌のトラブルを起こす原因になることがあります。硫黄などの刺激性成分が含まれているものは、逆に肌の乾燥を促進してしまう場合がありますし、アトピー性皮膚炎に効果ありとの売り文句で市販されている入浴剤もありますが、かえって乾燥症状を悪化させてしまう成分が含まれていることがあるからです。やはり肌に直接触れるものは、天然成分のものをおすすめしたいところです。「コパイバ バスオイル」100%天然の植物性オイルだけで作られていますので、肌荒れしやすい方におすすめです。もちろん、小さなお子さまがいらっしゃるご家庭でも、安心してご使用いいただけます。


使用方法 マッサージオイルとしても活躍!

ご家庭用の一般的なお風呂で使用される場合は、「コパイバ バスオイル」をボトルのキャップ2杯分(16ml)入れてかき回してください。毎日ご使用されても約1ヵ月間(31回分)ご使用いただけます。ご使用はキャップ2杯が標準ですが、「コパイバ バスオイル」は天然成分だけで作られていますので、入れすぎても肌のトラブルを引き起こすことはありません。お好みで濃さを調整して、快適な入浴をお楽しみください。また「コパイバ バスオイル」はマッサージオイルとしてもご利用いただけますので、ご入浴前に入念にお肌のオイルマッサージを施した後、そのままご入浴いただければ、ホームエステと快適なご入浴を同時にお楽しみいただけます。


肌荒れにお悩みの方は、バスオイルにコパイバ マリマリを付けたし、せっけんに「アマゾン インディオ ソープ」をお使いになり、特に気になる箇所にはお風呂上がりに、「クレーム・ド・コパイバ」または「コパイバ スキンクリーム」を併用すると一層効果的です。

お客様の声

(神奈川県・43歳)

疲れがたまり過ぎた時、ここぞ!っていう時に使っています。というのも汗が良く出て体もホカホカ、その後の肌もスベスベで、パジャマや翌日の洋服の着ごこちはサラサラ感触で、気分はセレブです。


(福岡県・28歳)

私は肌がいつもかゆくて、ひっかき傷が気になっていましたが、しっとり肌になってだけでなく、カユミも軽減してきて肌がきれいになってきました。コパイバオイルをつけたしで入れるとより効果的だと思います。


(東京都・38歳)

体をちゃんと洗っているのですが、このバスオイルを使った日の湯船は、垢のような汚れがたくさん出ます。毛穴からも汚れが出ているようで、すっきりして体がリニューアルしてみたいです。香りも天然っていうことも最高です。もう少し安かったらと思いますが、本物の自然材料だし、その効果を考えると○です。


(愛知県・34歳)

2歳になる子どもが敏感肌で、夏場は毎日お風呂上がりに汗をかき、寝る前に汗もが出来て翌朝かきむしった跡が残って困っていました。コパイバ バスオイルを使ってあげると、汗を沢山かいても、あせもになることもなく翌朝肌がしっとりしています。コパイバの力なのでしょうか。親子で楽しく入浴しています。